MENU

ドラッグストア薬剤師と調剤薬局薬剤師

薬剤師の職場として人気の調剤薬局、薬学部卒業の薬剤師さんの就職先としても人気が有ります。調剤をしっかり学ぶ事も出来、薬剤師としてのスキルを上げる事、経験を積むことが出来る為、不動の人気ですよね!

 

逆に、近年ドラッグストアの薬剤師求人が増えていますが、薬剤師の職場としては今一人気はない様です。特に新卒者と40代以上の薬剤師さんには、ドラッグストア薬剤師は人気は有りませんよね!

 

 

何故、薬剤師としてドラッグストアで働く事を嫌がるのでしょう!
以前なら調剤設備がなく調剤経験、調剤のスキルを上げる事が出来ませんでしたが、最近は調剤設備を完備したドラッグストアも多くなり、調剤業務の増えています。

 

また、給料面でも調剤薬局よりも優遇されている事が多く、ドラッグストア薬剤師求人を見ればわかりますが、年収も満足いくレベルの求人も多くなっています。

 

金銭面で、考えるなら薬剤師としてのドラッグストア勤務は有りですよね!管理薬剤師や店長などでは、年収1000万円を超える方も出ています。調剤薬局で年収1000万円は中々難しいですよね!

 

 

確かにドラッグストア薬剤師の仕事は、雑用なども多く、薬剤師としての仕事以外の仕事も増えますが、ドラッグストアが近年増えている事で、薬剤師の職場もまだまだ確保され、売り手市場なのではないでしょうか?
今は、まだまだ、ドラッグストア薬剤師求人の待遇、給料形態は恵まれていますが、これからどうなるかはわかりません。

 

ドラッグストアへの転職をお考えの薬剤師さんにとっては、今はチャンスだと思います。高待遇、高年収での転職も可能です。
ドラッグストアの出店数も今は、伸びています。しかしいつまでも続くとは思えませんよね!今、ドラッグストアの薬剤師さんは不足しています。
年収アップや給料アップの転職はもちろん、今より少しでも待遇の良い職場や家から近い職場への転職でもドラッグストア薬剤師求人は魅力がありますよ!

 

当サイトでも、ドラッグストア薬剤師求人の紹介が豊富で、紹介実績も多く、何より高待遇、高年収ドラッグストア薬剤師求人が多い薬剤師転職サイトを下記に紹介しています。

 

ランキング方式にしていますが、どの薬剤師転職サイトも当サイトが厳選して紹介していますので安心してご利用下さい!

 

ドラッグストア薬剤師求人に強い薬剤師求人サービス

薬キャリ

 

高待遇、高年収のドラッグストア薬剤師求人が豊富な業界トップクラスの薬剤師転職サイトの薬キャリ(旧エムスリーキャリア)

 

紹介求人数も40000件以上、年間利用者も7000人以上の人気薬剤師転職サイトです。

 

薬剤師求人を検索されている方なら一度は訪問されたのではないでしょうか?実際、非登録で見れる求人には魅力的な求人は有りません。薬剤師求人サイト全般に言える事ですが、好条件の求人は非公開にしています。薬キャリも例外なく非公開求人の中に魅力的な求人が有ります。

 

ドラッグストア薬剤師求人を探されている方、年収アップやスキルアップなどの転職をお考えの方も是非この機会に薬キャリへ登録を済ませ非公開情報を入手してください!

 

 


 

リクナビ薬剤師

 

ドラッグストア薬剤師求人数も業界トップクラスの薬剤師転職サイトのリクナビ薬剤師

 

独自求人が多く、高待遇、好条件求人もほとんどを非公開にしている為、高待遇求人保有率は高いですよ!

 

紹介求人数35000件以上有り、全国ほとんどの地域をカバー出来る人気の薬剤師転職サイトです。薬剤師求人、薬剤師転職をお考えの方の多くが登録している知名度、実績が豊富なサイトです。

 

ドラッグストア薬剤師求人はもちろん、調剤薬局、病院、医療系、企業薬剤師まで幅広い求人紹介が可能です。あなたの希望の薬剤師求人紹介が出来るリクルートグループが運営する薬剤師専門求人サイト、リクナビ薬剤師への登録がまだの方は是非この機会に無料登録を済ませて非公開求人を入手してください!

 

 


 

ファルマスタッフ

 

ドラッグストアで働く事をお考えの薬剤師さんの中には正社員ではなくアルバイトやパート、派遣などを希望される方も多いと思います。

 

このファルマスタッフは、薬剤師バイト、パートや派遣薬剤師紹介にも実績が豊富です。
薬剤師派遣はここ数年、高待遇、高時給の求人紹介で増えています、パートやアルバイトで薬剤師として働くのであれば、派遣薬剤師の方がより好条件で働ける事が多く、派遣薬剤師を希望される方も増えています。

 

ドラッグストアでの薬剤師求人は、アルバイト求人やパート薬剤師求人が多い業種で、時給は調剤薬局のパートやアルバイトよりも高時給の募集が多くあります。

 

ファルマスタッフは業界トップクラス保有求人数、70000件以上でドラッグストア求人も多い薬剤師求人サイトです。正社員からパート、アルバイト以外にも高時給紹介可能な派遣薬剤師も選ぶ事が出来る人気のサービスですのでこの機会に無料登録から非公開求人を入手してください。

 

薬剤師の転職先としてのドラッグストア

薬剤師転職サイトでも最近求人数が多いのがドラッグストアです。大手チェーンドラッグストアが店舗数を増やしている事などによる薬剤師求人などでドラッグストア薬剤師求人は増えています。

 

実際、薬剤師求人をお探しの方はお分かりでしょうが、好条件の高待遇薬剤師求人や高年収、高給料薬剤師求人で多いのがドラッグストアではないでしょうか?
ドラッグストアへの転職は、今は絶好の機会でもあります。高待遇で転職出来るチャンスはいつまでも続くとは思えませんよね!ドラッグストア薬剤師が不足している今は転職チャンスですよ!

 

 

ドラッグストアとひとくくりにしてもいろいろな店舗があります。調剤施設のない市販の薬だけを扱う量販店や調剤施設を完備したドラッグストア、地域に密着したその地域だけ展開しているドラッグストアや全国展開している大手ドラッグストアチェーンなどドラッグストアでもいろいろな種類が有ります。調剤をやりたいのであれば調剤施設の完備したドラッグストアを選び必要があります。逆に調剤をしたくない薬剤師さんなら調剤施設ないドラッグストアを選べば良いのではないでしょうか?

 

ドラッグストアの職場や働き方もいろいろ有ります。自分の希望するドラッグストア薬剤師求人を探す為にもドラッグストア薬剤師求人が豊富な薬剤師転職サイトや薬剤師求人サイトを探す必要がありますが、当サイトでは、上記にこの条件を満たす薬剤師転職サイトを紹介していますので是非ご利用下さい!

 

年収アップや給料アップで転職をお考えの薬剤師さんならドラッグストア薬剤師はおすすめです。大幅な年収アップも望むことが出来ます。


ドラッグストア薬剤師の仕事内容 メリット、デメリット

■仕事内容

 

ドラッグストアでの薬剤師の業務内容は多岐にわたり、主に以下のような3パターンが挙げられます。

 

 ・調剤業務のみ
 ・OTC販売のみ
 ・調剤業務+OTC販売

 

 

OTC販売の場合は、処方箋がありませんので、お客様の症状やニーズを聞き、適切な商品を推奨し、適正使用のアドバイスなどを行います。お客様の体質を考慮しながら、ご希望以外の薬を薦める事もあり、コミュニケーション能力が重要になります。ドラッグストアでは、他にも多様な生活雑貨なども販売されているので、こうした商品についての管理責任も発生します。店長の役職についた場合は、人員の確保・管理業務、売上やコストの管理、仕入れの発注など致します。店舗の経営を支えるのが重要な仕事になります。

 

ここ最近の傾向としては、ドラッグストアでも調剤室を併設した店舗が増えています。調剤併設の店舗では、調剤薬局と同様の仕事ができ、調剤業務とOTC販売を両方経験できる場合もあります。また、在宅にも力を入れるドラッグストアもあり、幅広い経験が可能になります。

 

 

 

■ドラッグストアで働くメリット

・パートタイマーの募集も多く、結婚後や出産後も女性が働きやすい職場環境。

 

・若いうちから店長など責任のある仕事を任されるケースも多い。

 

・他の薬剤師の職種と比べると、髪型やネイルなど自由な場合が多い。

 

・店舗が多いため、希望のエリアで働きやすい。

 

・大手企業が多いため、教育制度や福利厚生が充実している。

 

 

■ドラッグストアで働くデメリット

・レジ打ちや商品の棚卸など力仕事もある。

 

・遅番と早番があり、就業時間が不規則になりがち。土日が休みでない場合もある。

 

・処方箋薬ではなく、OTC 医薬品(市販薬)を扱うことが多くなる。そのことに抵抗のある薬剤師には向かない。

 

・若いうちから店長を任されるケースもあるので、そのことを負担に感じる人もいる。

 

・昇給などの給料アップの機会が少ない。

ドラッグストア薬剤師の仕事、経験談

ドラッグストアの薬剤師の求人はほぼどこの店舗でも募集している状態です、チラシや店頭のポスターでも常に求められています。

 

自分がドラッグストアで働いていた時は、家の近所で時間的な拘束も好条件だったのでパートとして働いていましたが、常に薬剤師が不足している状態でした。国家資格を持っており、資格が有れば働く場所も勤務条件も好きに選択できてしまうので、他で好条件な所があれば皆すぐに切り替えてしまいます。

 

仕事の内容としては正社員の薬剤師と同じ事を任されますが、処方箋の調剤以外にも薬剤師の薬の説明が必要なお薬も置いているのでその説明をしたり、他にも雑貨も置いているのでその陳列を手伝ったりしていました。

 

自分がドラッグストアを辞めた理由は、1日に来る処方箋枚数が10枚程で少なく感じたからです。一人40枚まで監査できますが、自分と正社員さんで10枚程なので日に4〜5枚しか監査せずに業務終了してしまい、やりがいが感じられなくなってしまったからです。

 

薬の在庫も少なく、置いてある薬と言えば少し離れた所にある眼科の目薬がほとんどで、遠くの病院からの処方薬は「取り寄せるのに時間がかかる、」と言うと患者さんが帰ってしまうので、受け付ける事すら出来ないでいました。

 

分包機も有るには有りましたが、内服薬自体めったに調剤しないので結局使っているのを見る事無く退職しました。

 

有る意味楽と言えば楽なのかも知れませんが、あまり資格を生かして働いている気がしなかったので、転職して正解だったと思います。

 

大学院に進学していたころ薬剤師の資格を生かしてドラッグストアでアルバイトをしていました。大学院の研究がメインであったため、ドラッグストアでのアルバイトは土日メインで行っていました。
仕事内容は普通に品出しやレジ業務も行っていました。発注や在庫管理はアルバイトであったため、社員さんが行っていました。
品出しでは医薬品だけでなく、美容サプリメントやダイエット食品や栄養ドリンクや大人用オムツや食品や雑貨などの品出しも行っていました。
また開店時には開店準備や閉店時には清掃などの作業も行いました。これだけだと普通のアルバイトと変わりありませんが、レジ業務の合間にお客さんからの薬の相談も受けていました。
薬の相談で多かったのは風邪薬や腹痛の薬でした。また普段かかりけの病院で血圧の薬や血糖を下げる薬などを飲んでいる人が、市販の風邪薬と一緒に飲んでいいかなどといった薬の飲み合わせについても尋ねられることが良くありました。
更には妊娠或いは授乳をしている人からの薬や竿うrメントについての相談も受けることがありました。また薬剤師でないと売ることのできない一類医薬品の販売も行い、お客さんに薬の作用や飲み方の説明を行うこともしました。ドラッグストアでのアルバイトを通じてみて、お客さんは薬について意外に知らないことが多いのだなということが分かりました。
また病院に行くほどではないので市販薬で何とかケアしたいというお客さんも多いことが分かりました。調剤薬局へは処方箋がないとなかなか行くことはありませんが、ドラッグストアなら気軽に行くことが出来ます。そのためドラッグストアの薬剤師は、お客さんにとって一番身近なお薬の専門家であるのではないかと思いました。

 

ドラッグストアは薬局、病院に次いで薬剤師の就職先3番目に入っています。しかしその仕事内容は大きく異なります。ドラッグストアでは薬の他食料品、サプリメント、洗剤やトイレットペーパーなどの生活用品などを販売しています。医師の処方のいらない風邪薬や胃腸薬のアドバイスや販売が薬剤師の主な仕事です。医者へ行くほどではないので、市販の薬で治したいが種類が多すぎてわからない客に症状を聞いて合う薬を販売します。しかし店舗に売上のノルマがある場合、自分の考えと違った高い薬を進めなければならないということもあります。

 

また忙しくなると店員の仕事であるレジや品出しを手伝わなければならないこともあります。

 

ドラッグストアの中には調剤薬局を併設している店もあります。このような店舗では薬剤師の仕事は変わってきます。薬局や病院勤務の薬剤師と変わらない仕事内容になり、最近は売上が増えるということで併設店舗が増加しています。

 

収入面からみるとドラッグストアが一番高いのですが、それは初任給を比べた場合で伸びは期待できないことがありますので一概に高いとは言えません。

 

ドラッグストアの薬剤師は接客をしますので、コミュニケーション能力が要求されます。雑用も或程度覚悟で、接客も得意という人には向いている職場といえます。また利益優先主義とお客の立場に立った提案の折り合いをつけて勤務できなければなりません。そして週休2日制の大病院とは違い休日も少ないので体力も必要です。

ドラッグストア薬剤師求人 対象地域

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/静岡県/山梨県/新潟県/富山県/石川県/福井県/長野県/岐阜県/愛知県/三重県/奈良県/和歌山県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県/

更新履歴